皮膚科で処方されているリンデロンVG軟膏はニキビ使っても良いのでしょうか?それが気になっている方向けに調べたことを書いておきます!

リンデロンvg軟膏でニキビは完治する?

ニキビはリンデロンかゲンタシンか?どっちを使うべき?

2017年08月30日 14時30分

ニキビが出来るととってもブルーになりますよね。
痛いし、気持ち悪いし、恥ずかしいしで、
どうして私だけって思うことも多いと思います。

ニキビを治すために色々なことを試されてると思いますが、
リンデロンやゲンタシンはもう試されましたか?

どちらも皮膚科で処方してもらますが、
同じニキビ治療薬でも何がどう違うのか
イマイチわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこでリンデロンとゲンタシンについて調べてみました。


■リンデロンについて

リンデロンにもいくつか種類がありますが、
ここでは大まかな説明になりますのでご了承ください。

リンデロンはステロイド剤です。
ステロイド剤の中でも強めなので取り扱いには注意が必要。

ただ使い方さえ間違わなければ、
そこまで神経質になることはありません。

先ほどリンデロンにも種類があると書きましたが、
ニキビに処方さることが多いのがリンデロンVGというお薬です。

リンデロンVGがニキビに効果があるとされるのは、
炎症を抑えて殺菌効果があるからです。


心配な副作用としては、かゆみやかぶれ、赤み、
皮膚が薄くなる、感染症などの軽度から中程度のものから、
緑内障、白内障、糖尿病などの重度なものまでさまざまです。



■ゲンタシンについて

ゲンタシンは抗生物質です。
主に皮膚の炎症の軽減のために処方されるお薬です。

軟膏に配合されている成分のゲンタマイシン硫酸塩が、
アクネ菌の繁殖を抑えてくれます。

このアクネ菌が増殖するとニキビが花盛りになって、
ブツブツして化膿したニキビができますが、
このようなニキビに有効だとされています。

ただ、最近ではもっとよく効くお薬があるので、
あまり処方されなくなったとドクターが行っていました。
こちらにはステロイドは配合されていません。

副作法はあまりありませんが、
稀に皮膚が赤くなったり痒みが出ることがあります。


どちらもちゃんと使用方法を守っていれば、
問題なくニキビの治療に使えるものですが、
ニキビはどっちがいいのか悩みますよね?

どちらかと言うとリンデロンの方が強いのですが、
私はステロイド系のお薬はあまり使わない方がいいと思っています。
やはり副作用が心配ですからね。


お薬に頼るよりスキンケアや食生活のを見直したり、
ホルモンバランスが乱れない生活をする方が早いかなと思います。

食生活、ストレス、寝不足などでホルモンバランスが乱れると、
男性ホルモンが優位になって皮脂が多くなってしまい、
毛穴が詰まりやすくニキビもできやすくなりますので…。

いい機会なので生活自体を見直してみて下さいね。